20代の転職成功のポイント【副業時代の転職とキャリアの考え方】

20代の多くは、就職から始まり、初めての社会人経験、一人暮らしや結婚など、様々な出来事が重なるタイミングだと思います。

同じスタートラインで入った友だちとも、会社によって環境が異なり、違いを意識することも多いのではないでしょうか。

私自身も、現在30代、IT業界で10年以上のキャリアがありますが、年収を上げるために様々なことを考えて転職活動を行いました。

 

本記事の信頼性

  • ベンチャー企業、外資系企業、大手グローバル企業など数社で勤務経験。営業、マーケティング、プロジェクトマネージャーなど、業種や職種を「軸ずらし」しながら、転職時には必ず100万円以上の年収アップに成功しています。
  • また、上場企業に勤めていた際にはマネージャーとして、多くの面接や採用経験もあります。

 

本記事では、20代で転職成功させるために意識すべき点と、始め方について経験を元に解説します。

 

 

20代の転職成功のポイント【20代で転職はすべきか?】

 

結論から言うと、私は20代での転職は1度は経験すべきだと考えています。

20代で転職をするべき理由

  • 20代は実績が無くても転職の成功率が高い
  • 20代は失敗しても何とでもやり直せる

逆に言えば、30代以降になればなるほど実績が必須で、失敗した時のインパクトも大きくなります。

もちろん、成功と失敗の定義は人それぞれですが、おそらく「自分が望む転職の仕方」に近づきやすいのが20代での転職です。

詳しく説明していきます。

 

20代での転職に関するよくある悩み

 

20代で、転職を考える方の多くは、こういった悩みを持っていることが多いのではないでしょうか。

 

  • 「新人」扱いされ、雑務が多く、裁量ややりがいを感じることが少ない
  • 給与が思っていたよりも上がらない
  • 自分に専門性やスキルなど、成長を感じられない
  • 同じ業務の繰り返しで、来年の自分の姿が想像できてしまう
  • 社内に「なりたい」「目指したい」と思う先輩がいない
  • 周りの友だちと年収や環境を比べてしまう

かくいう私はすべて当てはまっていました。

私は特に新卒でベンチャー企業に入社したこともあって、残業代ゼロ、土日出勤、終電近くは当たり前という環境だったので、プライベートが取れている友人がいるだけで、とても羨ましく思っていました。

20代前半と後半では転職で意識すべきことが異なる

ここで、「20代」と一括りに言っても20代前半と20代後半では、転職において意識すべき点が少し異なります。

20代前半の転職

新卒から3年以内の方ならば、いわゆる「第二新卒」「ポテンシャル採用」として転職活動を行うことができます。

第二新卒の定義は募集する会社によって異なりますが、一般的なビジネスマナーを習得していて、また社会人経験も浅いため、会社の社風に染まっておらず転職先の企業で、今後育てていけば成果が出ると見込まれる人材です。

20代前半の転職の戦略

具体的な業務スキルよりも、仕事に対する意識や姿勢、素直さ、学び成長する意欲,、コミュニケーションなど、のマインド的な要素を必要が求められることが多いです。

入社後の社風に素早く馴染み、能動的に学び、自立することができ、成果を出せるようになるイメージ持ってもらえるように、面接時に臨み、アピールすることが良いでしょう。

20代後半の転職

20代後半であれば、マネジメント業務に携わったり、プレイヤーとして専門的な業務での実績が伴ったりと、社内でのキャリアやスキルが高い方が増えていきます。

この場合は年収をあげたり、さらに上のマネジメント職へのキャリアアップを目指すことができます。

その分、採用企業の要件としても、ある程度の実績を必要とされることも多くなりますが、まだ「ポテンシャル採用」として、将来を見込まれて採用されることも望めます。

20代後半の転職の戦略

マネジメント経験があれば、自らチームを率いて仕事を創り、大きな規模の成果を上げることができる。

プレイヤーとしての専門領域があれば、即戦力として、専門性を生かして成果を出せる。他のメンバーに伝え、組織化することができる。など、これまで成果を上げてきたことに加えて、転職先でどんな価値を提供できるかを必ず伝える必要があります。

 

20代での転職成功のポイント:転職エージェントを活用する

20代で転職経験が少ない場合は、書類の書き方がわからずに、せっかく実績があったとしても書類で落とされてしまうケースも往々にあります。

その点、転職エージェントであれば、企業側と直接、採用で求めている求人像や、面接でのポイントなどを明確に企業側と擦り合わせていますし、転職エージェント側としても、優秀な候補者を企業に採用してほしいので、なるべく企業側が求める内容に沿った形で、書類へのアドバイスをしてくれます。

仮に書類に惹かれない場合でも、企業側と転職エージェントは定期的な打ち合わせを持っていることが多く、「推薦者」としてエージェントお墨付きで紹介してくれることもあります。

また、担当エージェントも業界に特化しているケースが多く、自分が関心のある業界の事情や専門的なアドバイスにも答えてくれることも多いでしょう。

このように転職エージェントを使うことのメリットは圧倒的に高いと考えます。

 

20代の転職におすすめの転職エージェント・サービス

20代の転職におすすめの転職エージェント・サービス

転職エージェント

  • リクルートエージェント
    日本最大級の求人数。あらゆる業種・職種を保有しており、まずは登録しておきたいエージェントの一つ。エージェントの対応も教育が行き届いており、スピーディで丁寧な対応です。
  • パソナキャリア
    利用者の満足度が高く、エージェントの丁寧なサポートに定評があり。初めての転職におすすめ!高年収の非公開求人も多い。
  • ワークポート
    IT、WEB業界に特化した転職エージェントです。未経験OKからの案件も多数あり、初めてITやWEB業界を目指す場合におすすめ。

 

転職サービス

  • ビズリーチ
    最近はCMでもお馴染みになりました。即戦力採用で、企業から直接ダイレクトメールが届くスカウトサービスです。求人の質がとにかく高く、大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されています。
  • リクナビNEXT
    気軽に登録しやすく、求人数も非常に多い。案件をウォッチしたり、スカウトを気長に待つといった利用用途でも使えると思います。転職を始めるときには、まずは登録しておきたいサービス。

 

私のおすすめは、ビズリーチやリクナビNEXTでスカウト登録を待ちながら、転職エージェントを活用して、書類や面談対策を平行して行う方法です。

そして、まずは上記サービスの中で案件を実際に見て、相手が求める募集要件や進みたい業界・職種について徹底的に研究する。それが成功への近道であると思います。

以上、いかがでしたでしょうか。

ぜひ本記事をお役に立てていただければ幸いです。

 

関連記事
おすすめ転職エージェント比較
おすすめの転職エージェントを目的別に比較!転職エージェントを20社以上利用した経験から解説する

続きを見る

-転職ノウハウ
-,

© 2020 NOMAD LIFE DESIGN