【ブログ初心者は必ずすべき】ホワイトハットSEOのメリット・デメリットと具体的な手順

【ブログ初心者は必ずすべき】ホワイトハットSEOのメリット・デメリットと具体的な手順

悩む人
ブログの検索順位がなかなか上がらない。

 

悩む人
SEO対策って結局何をどうすれば良いの?

 

本記事ではそんなお悩みを解決します。

 

 記事の内容

  • ホワイトハットSEOの内容
  • ホワイトハットSEOのメリット3つ・デメリット3つ
  • ホワイトハットSEOの具体的な始め方・手順
  • 現役マーケターが選ぶ!SEOを勉強するときに読むべき本3選

 

 記事の信頼性

本記事を書いている筆者(@hachi_nomad)は副業ブロガーとしてブログを運営しています。

  • 2020年1月から副業ブログを開始
  • 当ブログ含め、特化ブログ2つを運営
  • ブログ開始1ヶ月で収益10,000円を達成
  • 本業はマーケター(歴10年以上)

 

まず記事の結論です。

 

記の結論

  • ブログ初心者は必ず「ホワイトハットSEO」を使って対策を取っていきましょう。
  • 「ホワイトハットSEO」は現在Googleが検索上位で主流にしているSEO対策だから。

 

本記事では、ホワイトハットSEOのやり方や具体的な手順をメリットとデメリットもあわせて解説していきます。

SEO対策をしっかりしておきたい方はぜひ最後まで読んでみてください。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

 

ホワイトハットSEOって

ホワイトハットSEOって?

「ホワイトハットSEO」という言葉自体初めて聞くと言う方もいるかもしれません。

まずは簡単にホワイトハットSEOを紹介します。

 

 ホワイトハットSEOとは

  1. 現在主流となっているSEO対策の手法
  2. Google検索エンジンが推奨する検索ルール(アルゴリズム)に則り、SEOを対策をすること
  3. ユーザーにとって有益なコンテンツ(記事)をつくっていくこと

 

要は、Googleのルールに正しく従ってSEO対策を取っていく手法です。

 

Googleは公式ページ内で以下のように記しています。

 

Google は、当初からユーザーの利便性を第一に考えています。新しいウェブブラウザを開発するときも、トップページの外観に手を加えるときも、Google 内部の目標や収益ではなく、ユーザーを最も重視してきました。Google のトップページはインターフェースが明快で、ページは瞬時に読み込まれます。

引用:https://www.google.com/about/philosophy.html?hl=ja

 

技術的に、SEO対策をもれなく行うことも大事ですが、

 

最も重要なのは、ユーザーにとって有益なコンテンツ(記事)をつくっていくこと。

 

この点ををしっかりと意識して記事を作っていきましょう。

 

ホワイトハットSEOのメリット3

ホワイトハットSEOのメリット3つ

ホワイトハットSEOのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

まずはメリットについて。

 

ホワイトハットSEOのメリット3つ

  1. ペナルティのリスクが低い
  2. 検索順位が安定する
  3. ブログの資産価値が上がる

 

①ペナルティのリスクが低い

ホワイトハットSEOは、Googleのルールに則り検索表示の上位表示を狙うので、記事がペナルティを受けるリスクが少ないです。

Googleのペナルティの対象は以下の通り記されています。

 

基本方針

  • 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先したサイト運用をする
  • 順位向上の為に不正行為を行わない
  • ユーザーを騙さない
  • ユーザーにとって役に立つのか考える
  • どうすれば自分のサイトが独自性や価値のある魅力的なサイトになる考え差別化を図る

禁止行為の具体例

  • ユーザーを無視したコンテンツの自動生成
  • リンクプログラムの参加等の意図的なリンクの操作
  • 人間と検索エンジンに対してそれぞれ異なるコンテンツ・URLを表示する行為(クローキング)
  • 不正なリダイレクト
  • 隠しテキストや隠しリンクの設置
  • コンテンツの無断複製
  • ページに関係のないキーワードの埋め込み
  • フィッシングやウイルス、マルウェアのインストール等の悪意のある動きをするサイト
  • リッチスニペットマークアップの悪用

参考:Google ウェブマスター向けガイドライン

 

ホワイトハットSEOはこのペナルティをしないこと。

つまり、全く逆のことをしているので必然とペナルティを受けて、記事の評価を下げるリスクが無くなります。

 

②検索順位が安定する

ホワイトハットSEOは、着実にブログ全体の品質を上げていく方法なので、安定的に記事の順位を上げていくことができます。

 

時間はかかりますが、ドメインパワーが少しずつ上がり、アクセス数も上がり、被リンクも増えていきます。

 

ホワイトハットSEO対策をしっかりとしていれば、Googleのアップデートにも強いブログを作っていくことができますよ。

 

③ブログの資産価値が上がる

 

ブログで稼ぐを目的にしている方であれば、アフィリエイト以外でも稼いで行くことができます。

それが、ブログの売却です。

 

将来的にブログを売却して利益を得ることもできます。

 

正しいルールに則って順位を上げていけば、ブログの資産価値を上げた状態で売却することができるので、将来的な価値を作っていく意味でも

しっかりとホワイトハットSEO対策を行うことがベストだと言えます。

 

ホワイトハットSEOのデメリット3つ

ホワイトハットSEOのデメリット3つ

ルールに正しく則るなら、ホワイトハットSEOは一見メリットしかないように思えますが、デメリットもあります。

 

 本記事の信頼性

  1. 時間がかかる
  2. 労力がかかる
  3. 正しいSEO知識が必要

 

①時間がかかる

ホワイトハットSEOは、良質な記事を書いても評価が反映されるまでに、とにかく時間がかかります。

ぶっちゃけ半年から1年くらいは見ておいた方が良いでしょう。

ただ、ブログで稼ぎたいなら半年や1年は普通にかかります。

実際、ブログを1年以内に辞めてしまう人も多くいますが、ブログはそもそもすぐに成果が出るものではないので、

ホワイトハットSEOで半年から1年も待てないという方は、ブログで稼ぐことは諦めた方が良いです。

 

②労力がかかる

ホワイトハットSEOは、クオリティの質に重点を置いた方法です。

例えば、記事の質や記事の数、文字量、内部リンクなどをGoogleが総合的に評価して検索順位に反映していくので、とにかく作業量が必要になります。

 

③正しいSEO知識が必要

ホワイトハットSEOは、正当なSEO対策で検索順位を上げていくので、Googleのポリシーを正しく理解し、対策していくことが必要です。

 

例えば、

  • ブログ全体の設計
  • 記事のキーワード選定
  • 読者ににわかりやすいWEBライティング
  • アドセンス広告やアフィリエイトの配置
  • 内部リンクの設置、外部被リンクの獲得

 

また、Googleはアルゴリズムのアップデートを年に数回実施しており、そのルールも常に変わっています。

正しい知識を常にインプットしながら、ブログ記事に反映していく必要があります。

 

ホワイトハットSEOの具体的な手順

ホワイトハットSEOの具体的な手順

ホワイトハットSEOの具体的な手順を紹介していきます。

 

ホワイトハットSEOの具体的な手順

  1. ブログを設計する【最重要】
  2. 記事ライティングをする
  3. SEOチェックツールで評価を確認する

 

①ブログを設計する【最重要】

いきなりブログ記事を書き始めるのはNG。

まずはブログ全体の設計をしていきましょう。

 

ブログを設計する方法

  1. ブログ全体での構成
  2. ブログ全体で狙うキーワードに対してどんな下層キーワードを狙っていくのか
  3. キーワード選定と整理
  4. キーワードに対する検索意図の分析
  5. 競合分析

 

ブログは最初の設計が重要です。

ブログ全体の設計と、記事の設計を最初にしっかりと組んでおきましょう。

 

キーワード選定や競合分析といった具体的な手法については、以下の記事で詳しく解説しています。

SEOキーワード選定のコツを4つの手順で解説【初心者向け】
SEOキーワード選定のコツを4つの手順で解説【初心者向け】

続きを見る

 

②記事ライティング

繰り返しになりますが、ホワイトハットSEOはクオリティが命です。

 

そして、Googleが最も重要としていることは、「ユーザーの検索意図に答える」こと。

 

わかりやすい記事の構成や見出しをつけて文章全体の質を上げていきましょう。

 

質の高い記事の定義

  • ユーザーの検索意図に答える記事であること(コンテンツ観点)
  • GoogleのSEOクローラーに伝わりやすい記事であること(技術観点)

 

上記の2つを意識して記事をライティングしていきましょう。

わかりやすいライティング手法については、以下の記事で解説しています。

ブログ初心者必見!伝わる文章の書き方のコツ7つ【ロジカルライティング】
ブログアフィリエイト初心者必見!伝わる文章の書き方のコツ7つ【ロジカルライティング】

続きを見る

 

③SEOチェックツールで評価を確認する

記事を公開したらSEOチェックツールで評価を確認しましょう。

筆者はRank Tracker(ランクトラッカー)というツールを実際に使っています。

 

Rank Tracker(ランクトラッカー)を使った記事の評価確認の方法はこちらの記事で解説しています。

SEO検索順位チェックツールRank Trackerの料金・始め方やおすすめの使い方まで一挙解説
SEO検索順位チェックツールRank Trackerの料金・始め方やおすすめの使い方まで一挙解説

続きを見る

 

現役マーケターが選ぶ!SEOを勉強するときに読むべき本3選【初心者向け】

現役マーケターが選ぶ!SEOを勉強するときに読むべき本3選【初心者向け】本業でマーケティングをしている筆者がおすすめする、SEOの知識を正しく勉強するために読むべき本3選を紹介します。

 

下記3冊がおすすめです。

 

SEOを勉強するときに読むべき本3選【初心者向け】

 

この3冊はSEOを学ぶ上で外すことができない、基本中の基本がめちゃくちゃわかりやすく紹介されています。

数年経っても変わらないマーケティングの本質として、まずは勉強しておくべき3冊です。

 

まとめ:ホワイトハットSEOのメリット・デメリットと具体的な手順

まとめ:ホワイトハットSEOのメリット・デメリットと具体的な手順

本記事では、ホワイトハットSEOのメリットデメリットと具体的な手順について紹介しました。

 

最後に内容を以下にまとめておきます。

 

ホワイトハットSEOのメリット3つ

  • ユーザーの検索意図に答える記事であること(コンテンツ観点)
  • GoogleのSEOクローラーに伝わりやすい記事であること(技術観点)

 

ホワイトハットSEOのメリット3つ

  • ユーザーの検索意図に答える記事であること(コンテンツ観点)
  • GoogleのSEOクローラーに伝わりやすい記事であること(技術観点)

 

ホワイトハットSEOのメリット3つ

  • ユーザーの検索意図に答える記事であること(コンテンツ観点)
  • GoogleのSEOクローラーに伝わりやすい記事であること(技術観点)

 

ホワイトハットSEOは、Googleのルールに正しく従ってSEO対策を取っていくので、品質が高く安定して検索順位を上げていける可能性があります。

一方で、時間と労力もかかるので、正しい知識を持って、着実に作業を積み重ねていく必要があります。

 

ブログですぐに稼ぐこと自体がそもそも難しいので、半年〜1年はホワイトハットSEOを続けましょう。

 

ブログを多くの人が続けられずに脱落するなら、自分は続けていけばその分稼げる可能性は上がっていくということですよ。

 

そしてホワイトハットSEOで最も重要なことは

 

ユーザーの検索意図を理解し、ユーザーにとって有益なコンテンツ(記事)をつくっていくこと。

 

どれだけGoogleのアルゴリズムが変わってもこの軸は変わりません。

 

ユーザーは検索意図に答えられるような良質な記事を書いていきましょう!

 

Twitter(@hachi_nomadでもブログ運営に関する内容をツイートしているので、ぜひフォローしてみてくださいね。

 

-SEO
-,

Copyright© NOMAD LIFE DESIGN , 2020 All Rights Reserved.