20代で転職しないリスク・デメリット4つ【転職経験なしは危険】

20代で転職しないリスク・デメリット4つ【転職経験なしは危険】

悩む人
転職はすべき?ずっと同じ会社で働いた方が市場価値があがる?

 

悩む人
転職回数が多いと不利になるんじゃないの?

 

本記事ではそんなお悩みを解決します。

 

   記事の内容

  • 20代で転職しないリスク・デメリット4つ
  • 未経験からの転職の始め方

 

   記事の信頼性

この記事を書いている筆者(@hachi_nomad)は
  • ベンチャー企業・外資系企業・大手グローバル企業など数社で勤務経験。営業、マーケティング、プロジェクトマネージャーなど、業種や職種を「軸ずらし」しながら、転職時には必ず100万円以上の年収アップに成功しています。
  • これまで転職エージェントを20社以上利用しています。
  • また、上場企業に勤めていた際にはマネージャーとして、多くの面接や採用経験もあります。

 

記事の結論として、20代のうちに転職は経験しておくべき。

年功序列で、大企業に勤めておけば一生安心!という働き方は今後確実に無くなっていきます。

 

30代からの転職にも影響が出る可能性がありますよ。

 

ずっと同じ会社で働き続けるリスク・デメリットは以下の4つ。

 

転職しないリスク・デメリット4つ

  • ①転職活動で自分の成果を証明しにくい
  • ②環境の変化に適応できるか証明しにくい
  • ③主体的に自分でキャリアを考えられない人と思われる
  • ④自分の客観的な価値がわからない

本記事では、転職をすべきか、今の会社に残るべきか悩んでいる方向けに、転職しないことのリスクについて紹介していきます。

 

あわせて「未経験でも失敗しない転職の始め方」も紹介していくので、ぜひ最後まで読んでみてください。

 

それでは詳しく解説していきます。

 

 

20代で転職しないリスク・デメリット4

20代で転職しないリスク・デメリット4つ (1)

転職は20代で経験しておきましょう。

 

「転職未経験」の場合、30代からの転職活動で以下のデメリットがあります。

 

   20代で転職しないリスク・デメリット

  1. ①転職活動で自分の成果を証明しにくい
  2. ②環境の変化に適応できるか証明しにくい
  3. ③主体的に自分でキャリアを考えられない人と思われる
  4. ④自分の客観的な価値がわからない

 

①転職活動で自分の成果を証明しにくい

 

書類や面接は、自分の成果を伝えます。

 

例えば、営業で「エリアで1番売り上げた」ことを伝えたくても、転職経験がない場合それが自分の成果であることを証明しにくくなります。

  • 会社の製品が良かった
  • たまたまいい上司が手伝ってくれた
  • エリアのニーズが高かった

いろいろな要因はあるにせよ、採用側から見れば理由はわかりません。

 

一方、転職をして複数の企業で同じ成績を出せれば、「再現性が高い」とみることができます。

転職をしている方が、客観的な事実として、自分の成果を伝えやすくなります。

 

②環境の変化に適応できるか証明しにくい

転職をすると、働く環境は変わります。

一方で、同じ会社で働いているだけでは転職するほど環境を変えることはできません。

 

働くことで忍耐力、やり抜く力があるということは間違いなく強みになります。

異動を何度もして、環境が変わった人もいるでしょう。

 

ただ、残念ながら外の人から見れば「一社での経験」です。

環境の変化に対応することは、年を重ねるほど難しくなってきます。

30代、40代で初めて転職します。という人だと、文化も評価も違うかもしれない新しい会社に適応できるか、採用側も不安。

 

例えば、それが大企業から大企業への転職ならまだしも、ベンチャーや外資系企業に行こうとすれば、もはや別の世界。

もしかすると年下が上司ということも大いにある。

 

採用からすれば、そんなリスクをしてもらってまで転職をしてほしいと思いませんよね。「現職でいいのでは?」と思ってしまうでしょう。

転職してこなかったことが、知らぬうちに、自分の転職のハードルを上げていくことになります。

 

③主体的に自分でキャリアを考えられない人と思われる

キャリアは自分で決めていくものです。

 

今となっては転職することは決して珍しいことではなく、転職も自分の意思で決めるもの。

1社に居続けると、自分でキャリアを決めたことを証明するのが難しくなります。

 

たとえ、自分から異動志願をしたとしても、転職とは別。

 

なぜなら、異動は「会社から通達されるもの」と「自ら志願したもの」と書面上では判別できないから。

異動の背景説明を全てできればいいかもしれませんが、面接や書類選考で、時間が取れない場合もある。

 

そうなると、経歴書には同じ括りとして一社です。

 

④自分の客観的な価値がわからない

20代のうちに、自分の市場価値を認識しておきましょう。

 

どれだけ会社内で、成果を出しても、それが会社のものか自分のものかわからないと、自分の能力と会社の能力を区別できずに、転職したあとに失敗します。

 

30代でそれに気付いても方向転換ができなくなります。

 

転職活動は自分が今どのくらいの市場価値があるのかを、知ることができるチャンス。

 

転職活動をするだけでも、まずは20代のうちに始めてみましょう。

 

20代 未経験でも失敗しない転職の始め方

20代 未経験でも失敗しない転職の始め方

未経験でも失敗しない転職方法は一つ。

 

転職エージェントに利用すること。

 

 未経験に転職エージェントをおすすめする7つの理由

  1. ネットだけではわからない会社の裏側を教えてくれる
  2. 伸びている業界・会社がわかる
  3. 書類や面接対策まで教えてくれる
  4. 紹介経由なので採用されやすい
  5. 年収を上げやすい(交渉で苦労しない)
  6. 自分の市場価値がわかる
  7. 良いエージェントが見つかれば転職後も相談できる

 

①ネットだけではわからない会社の裏側を教えてくれる

20代転職するメリット ネットだけではわからない会社の裏側を教えてくれる (1)

転職エージェントは、会社の年収や仕事内容はもちろん、社内の雰囲気や文化まで教えてくれます。

 

実際に転職した方へのインタビューを行なっているエージェントも多いので、リアルな声を知ることができますよ。

収入以外にも社員同士の雰囲気など働く上で重要です。

 

そんなネットでは調べにくいことも、メリット・デメリット含めちゃんと教えてくれます。

 

②伸びている業界・会社がわかる

20代転職するメリット 伸びている会社がわかる

求人が多い業界や会社を知ることができます。

特に年収アップを目指す場合、業界選びがかなり影響するので、伸びそうな業界や会社を教えてもらいましょう。

 

もしエージェントと繋がりができれば、転職の有無に関わらず、情報収集として定期的に会話してリサーチしておくとおすすめ。

 

③書類や面接対策まで教えてくれる

書類(経歴書や履歴書)の書き方、面接対策まできっちり教えてくれます。

 

一般的な書き方はもちろん、その企業が求めている人材像にあわせたアドバイスもしてくれます。

 

経歴書は使い回しはNG。なるべく応募企業に沿った内容に合わせて書きましょう。

 

最初のうちは、転職エージェントからアドバイスをもらうのが最短ルートです。

 

④紹介経由なので採用されやすい

自己応募にくらべると、エージェント経由の方が圧倒的に有利。

採用側のニーズにどんな点が合うか、なぜこの応募者がおすすめか、をエージェントは企業に推薦してくれます。

 

面接前に応募者のイメージがあるのとないのでは、採用側の印象も全然違いますよね。

転職エージェントを使うだけで、既にスタートラインが違ってきます。

 

⑤年収を上げやすい(交渉で苦労しない)

いざ内定が出ても、年収交渉は大きな難関。

 

相場を知らずに低めに伝えてももったいないですし、高めに設定しても印象は良くない上に交渉が難航することも。

せっかく内定が出ても入社前に揉めたくないですよね。

 

もちろん、上がり幅はケースバイケースではあるものの、適切な年収幅と内定先の交渉まできっちり対応してくれます。

 

未経験なら特に年収交渉はエージェント経由で対応してもらいましょう。ノウハウが全然違います。

 

⑥自分の市場価値がわかる

20代転職するメリット 自分の市場価値がわかる

転職活動のメリットとも言えます。

 

今の自分にはどのくらいの年収で、どのくらいのオファーが入るのかもエージェント経由でわかります。

 

市場価値を定点で見るためにも、定期的にエージェントと転職相談をしてみるのが個人的にはおすすめ。

 

もちろんエージェント的には転職してほしいでしょうけど、まずは相談だけでも、受け入れてくれますよ。

 

⑦良いエージェントが見つかれば転職後も相談できる

20代転職するメリット 良いエージェントが見つかれば転職後も相談できる

良いエージェントの担当が見つかれば、その後の一生の付き合いになるかもしれません。

私自身も、初めての転職でお世話になった方は、以降の転職でも必ず相談していますね。

 

自分の強み・弱み、やりたい方向性も理解してもらっていますし、業界の第一人者として動向を知る良い機会にもなります。

 

キャリアを相談できるパートナーを見つけることは、転職するしないに関わらず大事なこと。

 

そんなエージェントを見つけることができれば、転職活動でも心強いですよ。

 

まとめ:20代で転職しないリスク・デメリット4つ【転職経験なしは危険】

20代で転職しないリスク・デメリット4つ【転職経験なしは危険】

本記事では、20代で転職しないリスク・デメリットと、未経験でも失敗しない転職の始め方について紹介しました。

 

最後に要点をまとめます。

 

転職しないリスク・デメリット4つ

  • ①転職活動で自分の成果を証明しにくい
  • ②環境の変化に適応できるか証明しにくい
  • ③主体的に自分でキャリアを考えられない人と思われる
  • ④自分の客観的な価値がわからない

 

20代で転職は絶対に経験しておきましょう。

 

今後一社だけに勤める人、転職をしない人は少なくなっていきます。  

 

転職をするキャリアを前提で考えると、30代までに転職しないのは大きなリスク。

 

客観的に自分の経験や成果を作ることができるので、転職はむしろ有利に働きます。

 

未経験に転職エージェントをおすすめする7つの理由

  • ネットだけではわからない会社の裏側を教えてくれる
  • 伸びている業界・会社がわかる
  • 書類や面接対策まで教えてくれる
  • 紹介経由なので採用されやすい
  • 年収を上げやすい(交渉で苦労しない)
  • 自分の市場価値がわかる
  • 良いエージェントが見つかれば転職後も相談できる

 

未経験から転職するなら、必ず転職エージェントを使いましょう。

 

失敗しない確率がグッとあがります。

 

初心者におすすめの転職エージェントはこの3つ。

  • リクルートエージェント 日本最大級の求人数。あらゆる業種・職種を保有しており、まずは登録しておきたいエージェントの一つ。エージェントの対応も教育が行き届いており、スピーディで丁寧な対応です。
  • type転職エージェント 大手企業やIT企業の独占案件での魅力的な案件が多く、他のエージェントにはない意外な企業求人なども紹介いただける可能性があります。対応も幅広く丁寧に提案をいただけます。
  • パソナキャリア 利用者の満足度が高く、エージェントの丁寧なサポートに定評があり。初めての転職におすすめ!高年収の非公開求人も多い。

 

転職エージェントにも得意不得意な領域があるので、まずはすべて登録してみることをおすすめしますよ。  

 

他にも転職エージェントについては、おすすめの転職エージェントを目的別に比較!転職エージェントを20社以上利用した経験から解説】という記事で解説しています。  

 

自分にあったエージェントを見つけて、転職活動を安心して進めていきましょう。 

 

書類や面接対策についてはこちらの記事で解説していますので、あわせてチェックしてみてください。

第二新卒で多い転職理由3つと失敗しない面接のコツ【具体例あり】

続きを見る

 

 

-転職ノウハウ
-

© 2020 NOMAD LIFE DESIGN