30代転職で失敗する3つのパターンと成功のコツ

30代転職で失敗する3つのパターンと成功のコツ

 

本記事では30代転職で失敗する3つのパターンと転職で失敗しないためのポイントを解説します。

 

燃える人
30代で転職してキャリアを上げていきたい!

 

30代はまさにキャリアの伸び盛り。

 

ですが、「家族がいて、年収を下げたくない」「35歳を過ぎたら転職が難しいのでは」など、20代の頃に比べて「失敗」を気にしてしまうことも増えていませんか?

実際に、30代となると転職のハードルも上がり、30代転職での意思決定が、その後のキャリアに大きな影響を与えるタイミングです。

 

本記事では、30代転職の不安解消と失敗しないためのポイントを解説します。

 

本記事はこんな方におすすめ

  • 30代で転職を考えている
  • 30代で転職に失敗したくない
  • 30代の転職に関するよくある悩みと解決策を知りたい

 

本記事の信頼性

この記事を書いている私は、転職経験も複数あり、うち1回はコンサルティング担当だった取引先の企業へ転職をしています。

筆者

  • ベンチャー企業から大手企業、外資系企業など複数経験。
  • マネージャーとして採用側も経験しています。
  • 直近ではコンサルティング先の取引先に転職し、年収とキャリアアップに成功しています。

 

では、詳しく解説していきます。

 

 

30代転職で失敗する3つのパターンと成功のコツ【30代の転職事情】

 

現在、どのくらいの人が30代で転職に成功しているのでしょうか。

 

30代の転職成功者割合

 

転職・求人doda(デューダ)が2019年8月に公開した調査によると、30代全体での転職成功者が全年齢の2番目に多いことがわかります。

 

出典: みんなは何歳で転職している?転職成功者の年齢調査(2019年上半期)- パーソルキャリア株式会社

 

ただし、

  • 30代前半(30〜34歳)が全体の23.1%
  • 30代後半(35〜39歳)が全体の12.8%
  • 40代以上が14.4%

 

と、30代後半で一旦減り、40代で再度増加しています。

これは、30代での転職から経験を積み、引き抜き転職やハイキャリアでの転職が増えているためと予想できます。

 

関連記事
引き抜きで転職するメリット・デメリットと成功のコツ【経験談あり】

続きを見る

 

30代の転職紹介人数は年々増加

一般社団法人日本人材紹介事業協会の「人材紹介大手3社 転職紹介実績の集計結果」によると、30代の転職紹介人数は年々増加傾向にあります。

 

出典: 一般社団法人日本人材紹介事業協会 - 「人材紹介大手3社 転職紹介実績の集計結果」

 

  • 30代の転職は全体から見ても比率が高い
  • 30代の転職紹介人数は年々増加している

 

ということがわかると思います。30代で転職すること自体はごく当たり前で、今後さらに加速していくことが予想できますね。

 

楽しむ人
なんだー案件も増えているなら安心!じゃあとりあえず、いろんな会社を見てみようかな!

 

本当にそうでしょうか?20代の頃の転職とは違って、気をつけなければいけないことがありますよ。
Hachi

 

20代の頃の転職とは違って、30代の転職には今後のキャリアを左右してしまうほど、失敗するリスクも潜んでいます。

30代転職で失敗するパターンについていくつか紹介していきます。

 

30代転職で失敗する3つのパターンを紹介

 

①転職時の年収や待遇にこだわりすぎる

 

30代転職で最も気にする点で多いものといえば、年収と待遇です。

この年収と待遇にこだわりすぎると2つの側面で失敗する可能性があります。

 

失敗例

  • 入社後に年収が下がる
    転職前の元の会社で評価されていたため、転職時に年収交渉に成功し、年収150万アップに成功。
    しかし、入社後1年で転職先の業績が悪化。賞与が下がり、年収は結局転職前と同じに。
  • 転職活動が長期化する
    案件が増えて売り手市場を良いことに、条件にこだわりすぎて、転職が長期化。
    最終面接まで行っても、条件面での折り合いがつかずに採用に至らない、といったケースもあります。

 

②転職することが目的になってチャレンジしない

 

転職して安定的に働きたい。良い条件で転職できたので、なるべく失敗しないように働く。

 

このようなマインドでの転職は、転職することが目的になってしまい、直近ではリスクがないように見えますが、

キャリア全体で見ると、年収が下がってしまったり、場合によってはリストラの対象となってしまう可能性もあります。

 

失敗例

  • マネージャー職で転職するも、期待成果に見合わず待遇悪化し、再転職
    マネージャー職で転職。チームを牽引するも、ミスをしないことに意識が入ってしまい、保守的な対応を取る。結果、チーム業績が出せず評価が下がり、社内での評判も低下。再度別の会社に転職をする。

 

③転職先の人間関係がうまくいかない

 

転職した後の悩みで多いのは、やはり職場の人間関係。

特に役職付きで入社したり、転職先が小さい会社で派閥が強かったりすると、人間関係に苦労することがあるかもしれません。

 

失敗例

  • 人間関係が悪化し、マネジメントができない
    マネージャーで入社。チームを見ることになったが、メンバーは全員20代の若手。
    実務は彼らに聞きながら覚えていかなければいけないが、即戦力を上司に期待している若手からは、突然入社してきた何もわからない上司(自分)を認めてもらえず、マネジメントがうまくできない。

 

30代での転職は上記のように、年収やキャリア、人間関係など、失敗やリスクも多く潜んでいるのです。

 

30代転職で失敗しないための成功のコツ

 

では30代転職で失敗しないためにどんなことを考えるべきでしょうか。

以下、私が重要だと思うポイントを述べていきます。

 

30代転職成功のコツ

  • キャリアの一貫性を考える(40代以上でのキャリアアップを見据える)
  • 転職後もチャレンジし続ける
  • 今の会社での選択肢を考えてみる
  • それでも不安がある場合は転職エージェントに相談する

 

①キャリアの一貫性を考える(40代以上でのキャリアアップを見据える)

 

年収や待遇は、重要な要素ですが、あくまで直近の話。

 

長いキャリア人生で見れば、30代はまだ序盤です。

 

40代以上でキャリアアップのために、一旦年収を下げてでも経験を積みにいくといった選択肢もありますので、年収や待遇にこだわりすぎるのではなく、転職やキャリアの目的に合わせて決めていきましょう。

 

40代以上でのキャリアアップを見据え、経験やスキルを棚卸しした上で、転職活動に望むことが重要です。

 

②転職後もチャレンジし続ける

 

日本では特に、成功よりも失敗やミスに目が行ってしまい、評価が下がる減点方式の会社も未だにあるので、失敗しないように仕事をする人も実は多いと思います。

 

ですが、それは今までの働き方であり、現在は「黒字リストラ」ということが起きており、企業として黒字にも関わらず、大手企業でのリストラ発表が相次いでいます。

 

これからは、「失敗しない」ではなく「成果を出し続ける」というマインドが必須になるでしょう。

 

詳しくは、こちらの記事で「これからの働き方」について解説していますので、ぜひ参考に読んでみてください。

 

 

③今の会社での選択肢を考えてみる

 

そもそも、なぜ転職したいのかを明確に整理しておくことが重要です。

 

「今の会社が嫌だから」ではなく、「今後XXをやりたいから転職したい」という考え方を持ち、本当にそれが現職でできないのかを改めて考えてみることもおすすめいたします。

 

このとき、自分だけで考えるのではなく、場合によっては転職を考えていることを会社や上司に相談してみると、意外とやりたいことにチャレンジできたり、待遇が改善されることもあります。

 

一人で悩むのではなく、転職の目的と、今の会社での選択肢を整理したり、周囲に相談してみると良いでしょう。

 

④それでも不安がある場合は転職エージェントに相談する

 

上記を考え整理して転職に臨めれば良いですが、現実にはそう簡単にいきませんよね。

 

特に転職を考えているときは、ネガティブなきっかけがあったり、家族など他にも気にする点が多く、落ち着いて考えることも難しいかもしれません。

 

そんなときは、転職エージェントを活用しましょう。

 

案件紹介や履歴書、面談アドバイスはもちろんですが、最も重要なのは「人に話す」ということで、自分の考えが整理できること。

 

特に、30代の方は仕事に家庭にと、転職にかける時間もないと思いますので、効率よく転職活動を進めるためにも、よい求人に出会うためにも転職エージェントをうまく利用してください。

 

おすすめの転職エージェントを紹介しておきます。

求人案件を見たり、まずはエージェントに相談してみるだけでも、不安が軽くなるのでおすすめですよ。

人生にとっても重要な30代転職は安心して進めたいですね!

 

参考

転職エージェントは複数(3~4社)利用が基本!まずはいくつか登録してみましょう。

  • リクルートエージェント
    日本最大級の求人数。あらゆる業種・職種を保有しており、まずは登録しておきたいエージェントの一つ。エージェントの対応も教育が行き届いており、スピーディで丁寧な対応です。
  • ランスタッド
    本社はオランダにある世界有数のエージェント企業。求人の80%は非公開求人で、外資系企業案件の独自案件も多い。
    年収800万円以上のハイクラス求人にも強み。

 

しっかりとプランを立てて、30代転職をぜひ成功させましょう!

 

-転職ノウハウ
-,

© 2020 NOMAD LIFE DESIGN