第二新卒で多い転職理由3つと失敗しない面接のコツ【具体例あり】

  

本記事は第二新卒で多い転職理由と失敗しない面接対策について解説します。

 

悩む人
もう入社して3年か〜。そろそろ転職でも考えた方がよいのかな。

 

「第二新卒」といわれる新卒入社3年以内の方であれば、仕事にも慣れ、入った会社の良いところ悪いところが見えて、転職を意識し始める方も多いと思います。

 

同年代の人は転職についてどんなことを考えていて、第二新卒の転職でキャリアアップしていくにはどんな対策をすると良いのでしょうか?

 

そんなお悩みを解決します。

 

本記事はこんな方におすすめ

  • 第二新卒、20代で転職をしたいと思っている
  • 第二新卒、20代で転職について考え始めている
  • 第二新卒、20代の転職状況について詳しく知りたい

 

  本記事の信頼性

  • ベンチャー企業、外資系企業、大手グローバル企業など数社で勤務経験。営業、マーケティング、プロジェクトマネージャーなど、業種や職種を「軸ずらし」しながら、転職時には必ず100万円以上の年収アップに成功しています。
  • また、上場企業に勤めていた際にはマネージャーとして、多くの面接や採用経験もあります。

 

詳しく解説していきます。

 

 

 

第二新卒で多い転職理由3つと失敗しない面接のコツ【第二新卒は需要が高い!】

 

一般に第二新卒は需要が高く、転職ではキャリアアップに成功しやすいタイミングです。

 

第二新卒の定義は?

 

第二新卒の定義は明確にはありませんが、一般的には大学・短大・専門学校や高校卒業と同時に就職した後、新卒入社3年以内の会社員のことを指します。

 

年齢も新卒入社のタイミングが異なるので定義はありませんが、25歳以下の人を指すことが一般的です。

 

しかし、企業によっては「20代であれば第二新卒として認める」としているところもあるので、もし選考に応募する場合は、個別に条件を確認しておきましょう。  

 

なぜ第二新卒は需要が高い?

 

第二新卒は、一般的なビジネスマナーを習得していて、また社会人経験も浅いため、会社の社風に染まっておらず転職先の企業で、今後育てていけば成果が出ると見込まれる人材です。 吸収力も高く、社風や文化にもマッチしやすいと考えられています。    

 

第二新卒で多い転職理由3つと失敗しない面接のコツ【具体例あり】

 

201911月に学情が発表した調査データから第二新卒で多い転職理由3を紹介します。

 

第二新卒の転職理由トップ3

  • 1位:残業を減らしたい、休日を確保したい(31.8%)
  • 2位:もっと人間関係・雰囲気が合う職場で働きたい(30.0%)
  • 3位:もっとやりがい・達成感のある仕事がしたい(23.3%)

 

実は4位「もっと会社の風土や考え方が合う企業で働きたい」、5位「希望の勤務地で働きたい」と、

全体的に言えることとして、まだキャリアアップよりも、今の会社の働き方を改善したい、ワークライフバランスに重きがあるような結果でした。

 

結論から言ってしまうと、「今の環境から変えたい」という、ワークライフバランスを求めることをそのまま面接で伝えると失敗する可能性が高いです。

 

なぜなら、ストレートに伝えてしまうと「環境を環境を変えればなんとかなる」というネガティブな理由に聞こえてしまうから。

 

ですが、面接官もそんなことはわかっていて、その上であなたが何を思って面接に臨んできたのか。それを面接官は見ています。

 

話し方や、ポジティブな意見を加えることで一気に印象が変わり、面接に成功する可能性が高まりますよ。

 

では、ランキングごとに面接解答事例を紹介します。

 

1位:残業を減らしたい、休日を確保したい

 

  NG例

  • 現職では、残業や休日出勤も多く、仕事とプライベートを両立させることができませんでした。休日も趣味に時間も取ることが出来ず、体調悪化や疲弊を感じてしまい、転職を考えました。

 

 

  OK例

  • 私は旅行が趣味で、仕事もプライベートもオンとオフを切り替えて、充実させたいと考えています。
  • 現職では、残業や休日出勤も多く、体調を崩すこともありました。
  • 理由として、業務フローやマニュアルが不足していると感じたため、マニュアル作成したり、効率化を図るためのツール導入を提案したりしました。
  • ですが、新しいものや変化を好まない社風や、社内の承認が時間がかかるため、一向に改善が見えていない状況です。
  • 御社のように、新しいチャレンジや提案を積極的に取り入れる環境で、よりスピード感を持って成長していきたいと考えています。

 

失敗例では、ネガティブな内容で、それを会社の環境の理由にしたまま終わっています。

また体調や疲弊は理由として良いですが、そこで終わってしまうと「うちの会社でも同じ状況になるのでは?」と不安になってしまいます。

 

2位:もっと人間関係・雰囲気が合う職場で働きたい

 

  NG例

  • 現職は、社内の雰囲気も風通しが悪く、人間関係もあまり良くありません。上司ともうまくいかず、一つのミスで1時間も怒られたことがあります。もっといい環境を探したいと思っています。

 

 

OK例

  • 私は周囲とコミュニケーションを取りながら仕事を進めるのが好きなタイプですが、現在は、個人依存で負荷が偏ったり、情報共有ができないといった課題がありました。
  • そんな中、積極的にコミュニケーションを取りに行ったり、共有ミーティングなどを行ったですが、個人の成果主義が強く、なかなか進めることができませんでした。
  • 御社の組織作りやチームワークについてのホームページの記事を読み、考え方に共感しました。私も御社のような環境で、チームワークを大事に仕事をしていきたいと考えています。

 

人間関係を理由とする場合は、そのまま伝えるのは得策ではありません。転職した後も同じことを繰り返すかもしれない、と面接官は感じてしまうためです。

 

人間関係を良くしたい=「コミュニケーションを円滑にして、チームで協力して働きたい」ということなので、その旨を重点的にアピールしましょう!

 

3位:もっとやりがい・達成感のある仕事がしたい

 

  NG例

  • 現職では年功序列が強く、若手には仕事を任せてもらえません。もっと裁量のある仕事ができる環境に転職したいと考えています。

 

  OK例

  • 私は、早いうちから責任のある仕事につくことで、よりマネジメントに近い視点を早く勉強したいと考えています。
  • 現職では、年功序列も強くメンバーも多いので、なかなか責任のある仕事につくことが出来ません。
  • 上司への企画書やプロジェクト実績も出しているのですが、状況は変わらず、このまま現在と同じ仕事をするのではなく、現在のスキルを生かして、よりマネジメントができる環境を目指していきたいと考えています。

 

上司や先輩社員は、若手が思っているよりもはるかに多くの状況や利害関係を見ています。

 

もし仕事を任せてもらえていないとすれば、まだ信頼か実績が足りていない可能性もあります。

 

仕事を任せてもらうためには、自分の2つ上の役職の方が求めていることを想像しましょう。

 

その上でも、現職で難しいようであれば、そのスキルを生かして、早くチャレンジがしたいということを伝えてみましょう。

 

失敗しない面接のコツ

 

具体的な会話の流れとして、

 

  ポジティブ→ネガティブ→ポジティブ  

 

という流れを作ると、会話にポジティブな印象を残すことができます。

 

  会話の流れの具体イメージ

ポジティブな内容(自分の考え)

ネガティブな現在の状況(現在の障壁・課題)

チャレンジしたこと(改善で取り組んだこと)

ポジティブな内容(御社で生かしたいこと)

 

また、1位のOK例のように、ポジティブな印象が全体的にあれば、具体的な趣味の内容を出すのも、良いと思います。

 

「社内にも○○が好きな人がいるんですよね。社員も何人かで集まってよく行くんですよ。」

 

といった会話に繋がる可能性もあって、全体の会話もスムーズになるきっかけになりますよ。

 

失敗しない面接のコツ

  • 全体の会話をポジティブな印象にする
  • ネガティブなことに対し、自分がどんなことを取り組んだかを加える
  • 具体的な会話は、ポジティブネガティブポジティブの流れを作ると良い

 

ネガティブなことが転職のきっかけになるのは全く悪いことではありませんよ。

 

ただ、面接官は悩みを聞いてくれる人ではないので、必ず解答の最後はポジティブに、面接先の会社にどう貢献できるかという結びを付けましょう!

 

20代での転職成功のポイント:転職エージェントを活用する

 

20代で転職経験が少ない場合は、書類の書き方がわからずに、せっかく実績があったとしても書類で落とされてしまうケースも往々にあります。

 

その点、転職エージェントであれば、企業側と直接、採用で求めている求人像や、面接でのポイントなどを明確に企業側と擦り合わせていますし、転職エージェント側としても、優秀な候補者を企業に採用してほしいので、なるべく企業側が求める内容に沿った形で、書類へのアドバイスをしてくれます。

 

仮に書類に惹かれない場合でも、企業側と転職エージェントは定期的な打ち合わせを持っていることが多く、「推薦者」としてエージェントお墨付きで紹介してくれることもあります。

 

また、担当エージェントも業界に特化しているケースが多く、自分が関心のある業界の事情や専門的なアドバイスにも答えてくれることも多いでしょう。

 

このように転職エージェントを使うことのメリットは圧倒的に高いと考えます。  

 

20代の転職におすすめの転職エージェント・サービス

 

 20代の転職におすすめの転職エージェント・サービスを以下に紹介しておきます。  

エージェントを活用して失敗しない転職を目指しましょう!  

 

転職エージェント

 

  • リクルートエージェント
    日本最大級の求人数。あらゆる業種・職種を保有しており、まずは登録しておきたいエージェントの一つ。エージェントの対応も教育が行き届いており、スピーディで丁寧な対応です。
  • type転職エージェント
    大手企業やIT企業の独占案件での魅力的な案件が多く、他のエージェントにはない意外な企業求人なども紹介いただける可能性があります。対応も幅広く丁寧に提案をいただけます。
  • パソナキャリア
    利用者の満足度が高く、エージェントの丁寧なサポートに定評があり。初めての転職におすすめ!高年収の非公開求人も多い。
  • ワークポート
    IT、WEB業界に特化した転職エージェントです。未経験OKからの案件も多数あり、初めてITやWEB業界を目指す場合におすすめ。

 

関連記事
20代の転職成功のポイント【副業時代の転職とキャリアの考え方】

続きを見る

-転職ノウハウ
-,

© 2020 NOMAD LIFE DESIGN